ブログ村アイコンのクリックをお願いします
更新の励みになります

にほんブログ村
にほんブログ村

================================

11日に家内とお飾りを外す日
鏡餅をおろす日

をしらべて

いろんな説、地域状況があるようですが
15日にお飾りを外して鏡餅を下すことにしました



以下Netから

松の内の期間はいつからいつまで?

松の内の始まりは『12月13日』です。

この日以降ならいつからお正月飾りを飾っても大丈夫ですが、
外す時期は前述した通り地域によって差異があります。

松の内は、一般的には『1月7日まで』です。

7日の朝に七草粥を食べて、門松、しめ縄を外す家庭が多いです。

一方、関西は『1月15日まで』を松の内とし、
その期間までお正月飾りを飾っているという地域が多いです。
鏡開きは日にちが異なる!

またややこしくなりますが、
門松やしめ縄などのお正月飾りは松の内が過ぎたら外しますが、鏡餅は別です。

鏡開きは一般的に1月11日、関西を中心とした一部の地域では1月20日、
この日に鏡餅を下げ、これを食べます。

門松やしめ縄と混同しないようにしましょう。

鏡開きについてはこちらを御覧ください。
⇒鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い
松の内や鏡開きの日は、何故地域によって違いがあるのか?

次に、何故お正月飾りを外す日は地域によって違いがあるのかを説明します。

元々関西だけでなく全国的に、
松の内は1月15日までで鏡開きは1月20日と、日にちが定まっていました。

しかし、徳川家光が亡くなったのが4月“20日”で、
鏡開きの1月“20日”を忌日とし、1月11日に変更したものが幕府がある関東を中心に広まりました。

これがきちんと伝わらなかった関西が今でも1月20日に鏡開きを行なっているのです。

全国的には松の内(~15日)が過ぎた後に鏡開き(20日)を行なっていたのが、
松の内の期間の内(~15日)に鏡開き(11日)を行うように変更されたというわけです。

「鏡開きを行なった後にも正月飾りを飾っておくのはおかしい」とされ、
鏡開きの日にち変更にともなって松の内の期間も『~15日→~7日』と変更されました。

鏡開きの日にちが変更されなかった関西では、
松の内の日付を変更する必要もなかったのです。